私が酵素ドリンクを愛用し始めたきっかけ(後編)

こんにちわ!


「大好きなもんで大好きな人を笑顔にする会社」
Love & Laugh!!の小山吉美です!




前回のブログから

「私が酵素ドリンクを愛用し始めたきっかけ」


を綴っています(^・^)



私が酵素ドリンクを愛用し始めたきっかけ(前編)はコチラ




そんなわけで、人間ドックで突然病気が発覚し
薬生活を余儀なくされてしばらくたったころ、



その当時、すごくお世話になっていたあるメンターから



「一生健康で元気に生きる方法」を教えてもらいました。




その方法のうちの一つが


腸のオーバーホールをすること


だったのです。





24時間365日休みなく働く腸を休めてあげること。
腸から全ての病気が起こる。
最低3日間絶食して腸を定期的にキレイにすること。




そう教わりました。



絶食?どーゆーこと?



当時はまだ「ファスティング」なんておしゃれな言葉は知らず、
いや世にもまだ出回っていなかった言葉。




そして、

カロリーを全くとらないで絶食してはダメ。
何かカロリーは摂取すること。


おススメは酵素ドリンク



そうおっしゃいました。




根が素直なので(笑)

薬から卒業できるなら!と即実践しました。





まず酵素ドリンクはどこで買えるのか?を調べました。



当時は酵素ブームもまだ来ていなくて
老舗の何社かがネット検索でヒットしました。



すぐ取り寄せて酵素ドリンクをとりながら三日間絶食をしました。




食いしん坊を通り越して「いやしん坊」な私。


何も食べないなんて!!!!!!



ま、とにかくチャレンジだけはしよう!!!




健康になれるのなら!




そして3日間初の絶食達成!笑




意外に全然大丈夫だったんですよね。
てか、なんだか気持ちいい!




「これをしているから大丈夫!」


そんなポジティブな思いこみがすごく芽生えて



すぐ勝手に薬をやめました!




もちろん、主治医の先生には言えないので



定期的に受信して血液検査はしていました。



でも行くたびに処方されるお薬は

拒否もできず、ありがたくいただいて、
家に帰って直しておく・・・。



(先生、ごめんなさい!)



ということをしていました。




ファスティングは毎月3日間確実にしていました。




すると、すぐに薬も飲んでいないのに数値が下がり始めたのです。




「(薬の)効果が出ていますね!薬の量を減らしましょう!」


と処方される薬もどんどん減っていきました。





結局、薬がゼロになるまで待てず、
薬を無駄にしているのが申し訳なくて


予約日に行かず、そのまま病院は(勝手に)卒業しました(^-^;





全く無知のまま始めたファスティング。


それから調べたら、いろんな効果があるのを知りました。



フランスでは「メスを使わない手術」
ドイツでは「ファスティングで治らない病気は何をしても治らない」

などの格言も見つけてビックリ!



芸能人もモデルとアスリートも
ファスティングをライフスタイルとして取り入れてる方が多いのもビックリでした!



愛しのTERUも♡
(あ!言い忘れましたがGLAYの大ファンです笑!)


先日の幕張ライブの直前にファスティングしてました♡




ファスティングの効果などは、また後日改めて
書くことにして・・・・




そんなわけで私の酵素生活が始まったのです。





3日間いやしん坊の私が酵素ドリンクのみの生活・・・。



始めは「病気が治るために!」の一心だったので
あまりこだわらなかったのですが


私が選んだドリンクは、
お世辞にも「美味しい」とは思えない味・・・(^▽^;)



鼻をつまんで飲んだりしてました。




これはいい!と周りの仲間にもすすめまくり


ファスティングにはハマったけど
「酵素ドリンクのお味」に辟易して次々脱落・・・笑



ほどなくして急に
「酵素ドリンク」「ファスティング」がブームになり


いろんなメーカーが参入!




私にしてみればやったーーーー!!って感じ!


選択肢が増える!!!!!



そして「酵素ドリンクジプシー」が始まったのです笑!



片っ端から取り寄せてました(*^▽^*)



とにかく美味しい酵素ドリンクが飲みたい!!!


この一心でした笑!




でも、中々私をうならせるモノには出会えなかったんですね。



購入者の口コミサイトを見まくり、今度こそ・・・


と取り寄せては、お口に合わず途中で捨てる・・・。(^-^;



今でも冷蔵庫や収納庫に当時の商品があります笑!




もちろん、内容の良いものもたくさんありました。



でも「飲み続けたい!」「飲みたい!」
そう思えるモノが欲しかった
んです。





我慢して「カラダにいいから」飲むのではなく
「美味しいから飲んでしまう」


そんな商品を探し続けていたのです。



(もちろん、味は私の主観です)





「マズイっ!もう一杯!」

より

「うまいっ!もう一杯!」

がいいな!と思って(*^▽^*)




そして、佐々木ファームのありがとう野菜と出会って

この野菜を料理の機会が減った私にカラダを喜ばせるためには・・・



って考えたときに、



酵素ドリンクにしたい!!!!



って強烈に思ったんです。





それが「ありがとう酵素」誕生のきっかけだったんですね。




そう思うと、


人生に無駄なし!


ですね!



全ての経験に意味があり、
未来の創造へとつながっている・・・・





ありがとう酵素を生んでくれた
私の過去のカラダに感謝です・・・・。




誤解のないよう言っておきますが

「酵素ドリンク」や「ファスティング」をすれば
全ての病気が治る!といってるのではありません。




他のいろんな要因や
もちろん、初期に投与してくれた薬の効果や

いろんなことが重なって「バセドウ病」から卒業できたと思っています。




5年以上、毎月3日間必ず続けたファスティング・・・。


近頃は、出張やお付き合いが多く
中々月一でできてなかったのですが


「ありがとう酵素」が誕生したことだし、
これからまた続けていこうと思ってます(*^▽^*)




お盆明けから始めよう〜!

(あ、これ宣言なので笑
 私に美味しい誘惑はしばらくNGでお願いします)笑!!!




「ありがとう酵素」が

誰かの


「もっと元気なカラダ」作りのきっかけになりますように!





読んで頂いてありがとうございました!




ありがとう酵素製品化の想い



内容はもちろん、美味しさにこだわった「酵素ドリンク」




私が酵素ドリンクを愛用し始めたきっかけ(前編)

こんにちわ!


「大好きなもんで大好きな人を笑顔にする会社」
Love & Laugh!!の小山吉美です!


私が「酵素ドリンク」を飲み始めたのは約6年前です。



まだ「酵素」とか

もちろん「ファスティング」なんて言葉も世に出回ってなくって
私も知らなかったころ・・・。


酵素ドリンクなるものを知ったきっかけは・・・


「病気」


だったんです。




超健康自慢だった私に「病気」が見つかったのは

人間ドックでのこと。



珍しく「再検査」


そして後日再検査に行って発見されたのは



「バセドウ病」


だったのです。





バセドウ病は、
ホルモンが過剰に作られる病気、
すなわち甲状腺機能亢進症を起こす代表的な病気です。



甲状腺の機能が亢進し、過剰に甲状腺ホルモンを作る病気だといわれています。



甲状腺ホルモンは、体の新陳代謝を活発にするホルモンです。
新陳代謝が異常に活発であるということは、
無駄なエネルギーの浪費を意味しています。



たとえば、じっとしている時でも、
走っている時と同じくらいエネルギーを消費する状態だそうです。




実際当時の私は、

食べても食べても痩せる」感じの状態(^-^;



わ〜〜!かなり「痩せ体質」になってきたわ〜!


なんてお菓子をバクバク食べて喜んでいたのです(笑)




受診の時に主治医からこう言われました。



「この病気は食べても食べても痩せるので
特にダイエットしたい女性は治療せずに
このままでいたいっていう方は多いんです。」



そりゃそうだ!私も、それ希望!



でも医師はこう続けました。



「バセドウ病では代謝が亢進するために、
普通の人よりたくさんの酸素が必要になります。
バセドウ病になるとじっとしていても、
走っているのと同じような状態にあるため、
いつでも心臓が余分に働かなくてはいけません。

なので寿命が縮まることもあります。」



わお!そりゃアカン!!!
私110歳まで生きるのに!!!



そういえば、ずっと
すごい動悸」に悩まされていました。




いつでも、ゆったりしているときでも
寝ようとベッドに入ってリラックスしているときでも

常に心臓がバクバクしているんです。



今から何千人もの前でお話するぞ〜って前の緊張状態!



でも、これも
「女性のお年頃の症状の一つやな〜!」


って気にしていなかったのです。



今思うと、当時もかなりの「頑張りスト」



ストレスもいっぱいたまっていたのでしょうね!




主治医から診断していただいた治療は「投薬」でした。



毎日薬を飲んで、定期的にホルモンの数値を検査して

薬の量を加減していく。



・・・というもの。




今でも覚えてるのは

一生薬を飲んでもらうことになるかもしれません。


という主治医の先生のお言葉。




それはいやだ!!!!




って心の中で叫んだのを覚えています。



でも、治すためには今は先生のいうことを守るしかない!




ってことで薬を飲む日々が始まりました。




薬を飲んで動悸がましになったら
勝手に薬をやめてみる。


そしたら、また症状が出てくる・・・


そしてまた薬を飲む・・・・



そんな日々の繰り返しでした。





このままホントに一生薬飲まなきゃいけないの????!!




病院なんて無縁だったのに、定期的に検査と投薬に通う。




当時、歌手の「絢香さん」が同じバセドウ病で活動休止された。





でも私は絶対このまま健康を取り戻すぞ〜!って


自信だけはあったんです。





でも病院に通うしかないの・・・?



当時はいまほど代替医療などの知識もなくって
ただ主治医の先生の言う通り、病院に通う日々でした。



・・・・後編につづく!







ありがとう酵素製品化の想い



内容はもちろん、美味しさにこだわった「酵素ドリンク」